シンガポールでのF1グランプリの最大の魅力は何と言っても夜間レースである事です。レース開始時間は午後8時。煌めくネオンと共にレースを観戦する事が出来ます。また、アジアで唯一の市街地レースという事や、サーキット場の敷地内での豪華アーティストのコンサート、そして決勝戦のレースには花火が豪快に上がり、まさにお祭りといった雰囲気を楽しむことが出来るのが特徴です。レースが終了し、安全確認が行われた後にはサーキットが開放され、トラックを自分の足で歩くことが出来ます。また、F1グランプリに関連したイベントなども多く、ショッピングモールでのレーシングカーの展示や、F1関連グッズを購入する事も出来ます。ホテルや高層階バーからレースを観戦する事も出来る為、家族みんなで楽しむことが出来ます

シンガポールのF1グランプリのサーキットとは

シンガポールの国土は、東京23区と同じくらいの広さです。そんな中サーキット場をどうやって確保するのかと思いますが、いつもは車や人が行き交う市街地をサーキット場とし、大都会の真ん中でF1グランプリが開催されており、それが大きな特徴となっています。なんとF1グランプリが行われる前日までは一般道路として使われているのです。普段見慣れた道路からサーキットへと少しずつ変わっていく様子を、街の高揚感を感じることが出来ます。走るコースは観光地としても有名なマリーナベイ地区で、有名なマーライオン、マリーナベイサンズ、摩天楼、大観覧車のシンガポールフライヤーを巡るコースの為、ネオンの煌めきと夜の街を駆けるレーシングカーを1度に楽しむ事が出来ます。また常設サーキットとは違い、エスケープゾーンが狭いのでよりレースを近くで感じることが出来ます。

レースだけじゃないシンガポールのF1の魅力

シンガポールのF1グランプリの魅力はレースだけではありません。多くのパフォーマーが楽しませてくれたり、お酒を飲んだりしながらゆっくりと過ごしたり、夜間レースなので花火を楽しむ人もいます。そして多くの人が楽しみにしているイベントが、特設ステージで行われる豪華アーティストによるコンサートです。コンサート目的で入場する人も多く、都市部の真ん中で野外コンサートが行われる様子は非日常感さえ感じられます。レース終了後のコースウォークは多くのF1ファンが集まります。さっきまでレースが行われていた道路を実際に歩くことで、細かいところまで観察する事が出来、よりレースの壮大さを感じる事が出来ます。市街地レースという事もあり楽しんだ後はすぐにホテルに帰り、飲食店で仲間と話しながら余韻に浸る事が出来るのもシンガポールのF1グランプリならではの楽しみ方だと思います。

将来的に、他のスポーツコンテンツも取り扱った観光ツアーも手配してまいります。 F1レースごとに、お客様の好きなスタンド席の観戦券を手配いたしますので、存分にレースが堪能出来ます。 一押しのF1ツアーはモナコGP、一式(観戦券・航空券・ホテル代・送迎車代)約36万円~になります。 お客様のご希望をお伺いしながら、海外スポーツイベントと観光をセットに旅行を手配する会社です。 シンガポールグランプリのF1観戦をするならWST!